保育園での読み聞かせタイム

3歳の娘がいるパパです。保育園送りはパパの仕事。定時(8時半)よりちょっと早く着いてしまった時には、教室は誰もいない状態です。(朝保育は別の部屋で行っています。)タオルをかけて、かばんをしまってなど、ひと通りのお支度が終わっても、まだ時間が余ってしまうことがあります。

そんな時のちょっとした親子のお楽しみが、部屋にある絵本の読み聞かせ。子どもに読んで欲しい本を選んでもらい、膝の上に子どもを乗せて、読みはじめます。一冊読み終わる頃に、先生に連れられて朝保育の子どもたちが、そして、他のお友達も次々に部屋に入ってきます。

 

絵本はきちんと最後まで読んであげたいのですが、子どもたちがわらわらと集まってきます。「次はこれ読んで?」と言ってくる子もいますが、ごめんなさい。とりあえず、一冊読み切ってから、先生にバトンタッチします。

 

朝の保育園送りは終了。夜寝る前に絵本を読んであげるのは日課ですが、朝の読み聞かせタイムもオツなものです。